審美歯科 
~見られています、あなたの歯~

当クリニックはメタルレス化を推進‼
 ◆アレルギー問題
 ◆金属色が審美性を低下させる問題
 ◆歯茎を黒く変色させる問題  など
これらを解決するために推奨しています。

審美歯科治療は、歯科審美学会で最新治療の紹介・認可・理論の裏付け等が行われています。
しかし、元は歯科保存学会という大きな分野の学問から波及した分野なのです。
つまり、歯科保存学が審美歯科という学問の根源なのです。
しかしながら、審美という名称が患者さんに認知しやすかったために、世間に広まりました。
歯科保存歯科医が審美研究者と言っても過言ではありません。

歯は顔のイメージを決める重要なパーツ。歯の色、艶、形が変わることによって顔の印象は全く異なるものです。
どう見られているか心配するよりも自信の持てる笑顔になりませんか?材質は多種多様、ご相談下さい。

 当クリニックでは、その材料でできる最高を目指しています。
みなさんに最高額の人工歯を入れてもらおうとは考えていません。
予算、希望をしっかり話合いましょう。  

審美的部分修復

高強度セラミックインレー

セラミックの強度をアップさせた白い審美素材の詰め物です。

TUMインレー

TUM素材で作った白い審美素材の詰め物です。
TUM素材の特性は下記のTUM冠を参照してください。

ハイブリッドインレー(HBインレー)

<症例1>メタル材料(保険)から
ハイブリッド材料へ

1268_n1.png
どちらがいいか聞くまでもないですね。

<症例2>プラスチック材料(保険)と
ハイブリッド材料の比較

1268_n2.png
審美性は天然歯のような色・艶に向上しました。耐摩耗性(磨り減りにくさ)も向上しことで噛み合わせの長期安定性が改善されます。さらに、変色や着色もしにくい材料です。

大きな虫歯の場合、プラスチック素材では割れる可能性が大きく、磨り減ってしまい嚙み合わせの位置が変わってしまいます。そのため、適応外になることがあります。下写真のハイブリッド素材の方は、歯の70%近くが削られて修復されています。

 

審美的全部修復

ジルコニアボンドセラミック冠
ジルボンド)

ジルコニアという金属並みの強度がある白い材質にセラミックコーティングしたもの
従来は金属にセラミックをコーティングしていましたが、メタルレス化がすすみ
白くて強度のあるジルコニアにセラミックをコーティングしたものです。
白い素材に色を再現したため審美性は格段にアップしました。
汚れも付着しにくく写真でも被せ物の入った歯茎の方が
炎症を起こしてないほどです。

1268_n4.png1268_n5.png 

オールジルコニア冠 

全てジルコニアという材料で作った被せ物です。
強度は最強で欠けること、割れることはほぼ無いと言えます。
また、セラミックと同質なので汚れも付きづらく、
歯周病にもなりにくい被せ物です。
最新の技術ですが、透明感のない事が欠点と言えます。
力がかかって、見えにくい奥歯に最適です。
しかし、最近は透明感のある同素材も開発されています。NEW!
詳細はご相談してください。

TUM冠 NEW! 

耐久性特殊ナイロンという材料で作った被せ物です。
最新技術で取り扱いクリニックは希少です。
ナイロンと言っても高圧縮されているため高強度で
ジルコニアに匹敵する強度です。
それなのにクッション性があり、被せた歯の根や
インプラントに対する負荷を軽減する性質があります。
これはかなり重要な特性となります。
詳細は当クリニックにお尋ねください。

オールセラミック冠

セラミックのみで作製した被せ物

神経の死んだ歯からセラミックジャケット冠へ

1268_n6.png

 

オールハイブリッド冠
(一部保険適応)

ハイブリッド(セラミック+プラスチック)のみで作製した被せ物
審美性はいい方ですが、長期経過すると艶は消失します。
強度も強い方ですが、割れることはあります。

1268_n7.png

 

メタルボンドセラミック
(メタボン)


高濃度金合金をセラミックで覆った1世代前の最高品の被せ物です。
現在はジルボンドに最高技術の座を奪われました。

症例を選ばず、どんな症例にも対応可能です。
難症例には現在でも使われる技術です。
現在でも審美性は十分に奇麗です。

1268_n8.png 

保険のプラスチック前装冠(▽印)から
メタルボンドへ

1268_n9.png 

  

最小切削による表面のみの審美修復

ラミネートベニア

表面だけを削って貼り付ける、着け爪型審美修復

表層のみ削ったところからセラミックラミネートベニアへ

1268_n10.png

 これも審美材料がハイブリッドのタイプも選択できます。以下のような方に最適です。

●歯に生まれつき縞模様のある人(あなたが胎児のとき、昔の薬をお母さんが服用していたなどが理由)
●表面だけが虫歯になった人
●外傷で歯の神経が死んで、黒っぽく変色してしまった場合

歯自体はしっかりしているが、見た目が悪くなった歯に対しては最高の技術です。 

 

虫歯治療

拡大図はこちら

crown_sheet1.jpg